News

お知らせ

  1. Home
  2. /
  3. コラム
  4. /
  5. 子どものメンタルを強くするには

子どものメンタルを強くするには

はじめに

メンタルとは、英語の「mental」が語源でとなっており、本来的には「精神的な」という意味だったものの、日本語でのメンタルは「精神」そのものを指すことが少なくありません。

メンタルは、「思考」「感情」「行動」の3つの要素で構成されており、この3つの要素がバランスよく組み合わさっているものが良いメンタル状況となります。

スポーツや運動のメンタルだけではなく、現代のインターネットやSNSなどの情報社会や、人間関係などでメンタルを強く持ち、上手くやり過ごすスキルが必要となります。

今回は子どものメンタルを強くするために、保護者として意識することについて書いていきます。

子どもの感情を受け入れてあげる

子どもはは幼少期から様々な感情を持ち、それらを訴えてきます。

例えば、楽しい・悲しい・悔しい・できないなど…

子どもはこの感情を様々な言葉で訴えてきますが、親が受け入れずに否定してしまうと、子どもは感情を押さえ込もうとしてしまいます。

自分の素直な感情を押さえ込むようになってしまうと、子どもが「自分の中でどうにかしよう…」と、自分の中で悩みや苦しさを抱え、解決しようとします。一見子どもが成長しているように感じますが、抱えた分だけ子どものメンタルは弱くなってしまうと言われています。

そうならないように、親は子どもの感情を出来るだけ否定せず、受け入れてあげることが重要となります。

例えば、子どもが何かにチャレンジするときに、子どもが「できない!」と言っているとします。その時親は何と言ってあげればいいでしょうか。

きっと多くの方が「大丈夫!○○ならできるよ!」「頑張ってみよう!」と声をかけると思います。

実際にこの言葉で頑張れる子も多くいます。しかしそうでない子には、「そうだよね、できるか不安だよね」「怖いよね」など、不安や心配という感情を一度受け入れてあげましょう。

そのあとに、「でも○○ならその怖さを乗り越えれる強さを持ってること、ママは知ってるよ!」などの声をかけてあげてください。子どもの感情を否定せずに、前向きに進む力を両親から受け取ることができるのです。

この方法に即効性はないかもしれません。しかし毎回子どもの感情を否定されるのか、受け入れてくれるのかでは、後々の子どものメンタルの強さに大きな違いが出ます。

子どもの抱いた感情は否定せずに、まずは受け入れて、その後子どもが頑張れるような愛のある言葉をかけてあげるように意識してみてください。

親が安全基地となる

メンタルが強く少しのことでもへこたれない子どもに育つにはなにがあっても守ってくれると、子どもが確信できる良い親子の信頼関係が重要です。

子どもがなにがあっても守ってくれると確信できる場所のことを、「安全基地」といいます。親という絶対に安心できる場所があるからこそ、子どもは外の世界へ自信をもって踏み出し、頑張ってこれるのです。

この安全基地を作るには、しっかりと愛情が伝わるように接することが必要なります。

子どもが不安を感じた時に、小さなサインに気がつき、そばにいてくれること。

子どもが何かにチャレンジし、成功した時に一緒に喜びを分かち合うことなど。

これらの何気ないことの積み重ねが安全基地を形成していくのです。

成功体験を作り・思い出せるようにする

近年の幼児研究で、「日々の出来事を思い出せる子どもほど、問題解決能力や幸福度が高く、メンタルも強い」ということがわかっています。また自信を持っている人に関する研究では、「自分に自信がある人ほど、なにかマイナスな出来事が起こった時に、過去のプラスの出来事を思い出す傾向がある」ということもわかっています。

つまり日々の出来事の中からプラスな出来事(成功体験など)を思い出させてあげれば、メンタルの強い子になることができるということです。

例えば成功体験を思い出す方法として、「写真や動画に残す」という方法があります。

初めて立った時、初めてなわとびが跳べた時、先生から褒められた時など、どんなに小さな成功体験でも構いません。成功体験を思い出しやすくするために、写真を現像し、子どもの目に触れる場所に飾るのも良いかもしれません。

なにを頑張ったから、その成功をすることができたのか、その時どんな気持ちだったのかを思い出すことができます。

メンタルを強くするだけでなく、自己肯定感も高くすることができるでしょう。

さいごに

長くなってしまいましたが、子どものメンタルを強くするために保護者が意識することについてお伝えしてきました。

メンタルが強いことでチャレンジの数も多くなり、成功体験も多くなります。そのことでさらにメンタルが強くなり、好循環を生むことになるでしょう。

子どもの感情を受け入れ、成功体験を振り返れるような工夫をし、育ててあげてください。


Alo Youth体操教室では楽しくカラダを動かせるプログラムを用意しています!

ぜひ一緒に楽しくカラダを動かしましょう!

無料体験レッスンは随時募集しております。

公式LINEからお申し込みください!

友だち追加
関連コンテンツ
ページの上部へ移動