Feature of Alo Youth

Alo Youthの特徴

  1. Home
  2. /
  3. Alo Youthの特徴

3歳から小学校低学年までを対象に、"コーディネーショントレーニング"に"ライフキネティック"を取り入れた、これまでにない体操教室です。

神経系が著しく発達する幼児期・児童期に『さまざまな動き』を経験すればするほど神経系が刺激され、運動神経が向上します。

Alo Youth(アロユース)でさまざまな動きを経験しましょう!

コーディネーション能力

コーディネーション能力とは、自分の身体を自在に操る能力、いわゆる『運動神経』となります。

体がスムーズに動くのは、脳と神経の繋がりである「神経回路」が連係しているからです。この神経回路での電気信号をより強く・速くし、自分の体を上手に動かせるようにするトレーニングがコーディネーショントレーニングとなります。

コーディネーションには運動神経の構成要素である7つの能力があり、これらの能力を高めることで運動神経が向上すると言われ、あらゆるスポーツに対応する土台を形成できると考えられています。

コーディネーション7つの能力

また「コーディネーション能力は幼児期・児童期に伸ばすべき」と言われています。

なぜならば、神経系は子どもの時代に急激に成長し、20歳時の発育量を100%とすると5歳で80%、12歳までにはほぼ100%まで発達してしまうからです。

神経系が著しく発達する幼児期・児童期に、さまざまな動きを経験すればするほど神経系は刺激され、運動神経がよくなります。

Alo Youth(アロユース)でさまざまな動きを経験しましょう!

ライフキネティック

ライフキネティックとは「運動と脳トレを組み合わせたエクササイズ」です。

簡単な動きで脳を活性化させることで、神経細胞間に新しいつながりを作り出します。

普段やらない動きを頭で意識しながら行うことにより、脳のつながり(シナプス)がたくさん生まれ、認知機能や集中力、学習能力、そして運動のパフォーマンス向上など、さまざまな効果が期待できます。

ライフキネティック

サッカー、ブンデスリーグ所属のドルトムントや、2019年にチャンピオンズリーグで優勝したリバプールなど、数多くのプロスポーツチームにも採用されおり、今注目を浴びているトレーニングです。

Alo Youthアロ ユース

Alo Youth(アロユース)のAloはラテン語で「育む・成長」という意味があります。

次世代を担っていく子どもたちの運動能力を伸ばすことはもちろん、身体を動かす楽しさ、上達に向かって工夫する姿勢、周囲と助け合い学びあう姿勢など、子どもたちの着実な成長をサポートしていきたいと考えています。

Contact

無料体験・入会・お問い合わせ

ページの上部へ移動